ポキオGTI

ガックンガックン

up! GTI はじめての車検

スポンサードリンク

はじめてーのー!

ポキオ Volkswagen up! GTI 車検

早いもので3年!

ついにこのときがやってきました。

upgti.hatenablog.com

upgti.hatenablog.com

1年目・2年目と順調に過ごしてきましたが、ついに車検です。さっそくup! GTIを預けてきました。走行距離は38195km(前年より+約1万km)。

久々のディーラー。

1年ぶりのディーラーです。

ポキオ Volkswagen up! GTI 車検

気づいたら、VWはロゴ変更になり、車名もリアハッチのセンターにデカデカと表示されてますね。これは好き嫌いが分かれそう。

車検はどうだった?

車検の期間は1週間でした(長いな)。代車を借りようと思いましたが、車庫に入るか不安だったので、代車無しでの車検です。

ポキオ Volkswagen up! GTI 車検

気になる金額は・・・212442円!高い!

masarumr.blogspot.com

ちなみにGolf7の初車検は15万円くらいだったので、こんなもんでしょうか(震え声)

内訳を見ていきましょう。

お決まりの税金類

重量税:16400円

自賠責:20010円

印紙代:1700円

代行料:13200円

合計:51310円

減税がなくなったせいもあって、重量税が高く感じますが、まぁこんなもんでしょう。

整備・点検類

工賃:96988円

部品:87549円

(値引き:23405円)

合計:161132円

詳細は後述。バッテリー交換、オイル交換、ワイパー交換が犯人です。

思ったよりお金がかかってしまいましたが、ほぼ必要経費なので、致し方ないですね。車検で問題はなかったので良しとします。

いきおいでManiacsさんへ

コロナ禍でManiacsさんにも行けてなかったので、ついでに巡礼。

ポキオ Volkswagen up! GTI 車検

ちょっと気になってた、カタカナのマニアックスシールを購入!

ポキオ Volkswagen up! GTI 車検

これをどこに貼るかというと・・・

ポキオ Volkswagen up! GTI 車検

ドアの下部にこっそり貼ってみました。さり気なくManiacs!

というわけで、Always cool, always safe.でこれからも走っていきましょー!

車検の詳細

詳細を見ていきます。

法定点検等

法定2年点検整備(up!)が23760円に始まり、メーカー指定点検、保安基準確認検査料、下回り&エンジンルーム洗浄料、日常点検、ブレーキクリーナー、クーラント交換、ショートパーツなどで、合計72490円。このあたりはGolf7のときとだいたい一緒。

オイル交換

余計にお金がかかってしまった原因の一つがこれ。オイル交換してから、まだ1万kmくらいしか走っていませんが(ロングライフオイルのため1.5万〜3万kmで交換)、交換から1年経ったので交換したのかなと、自分に言い聞かせています。

工賃サービスが入り、15576円

フューエルアディティブ

要は燃料添加剤。以前は勝手に入れられることはなかったんですが、今回は勝手に入ってましたね(笑)普段はワコーズのフューエルワンを入れてるので、入れなくても良かったんですけどね(笑)怒ってなんてないですよ怒ってなんて(笑)

VW純正だと2530円

エンジンシャンプー

要はフラッシング。オイル交換したのであれば、これはやってほしかったので、文句はありません。

2728円

ワイパー交換

ワイパーなんて使わないんで替えなくてもいいんですけどね。一応撥水タイプをつけてもらいました。

前後で11048円

もろもろの清浄

エバポレーター洗浄、エアコン洗浄、ポーレンフィルター交換で、17160円。地味に高いぞ。

発煙筒交換

1650円

バッテリー交換

これが一番大きいやつ。もともとバッテリーが死にそうだったので、これはこちらからお願いしてやってもらいました。

工賃込みで、39600円。まぁ、こんなもんか。59AH/320Aってあまり選択肢がないんですよね、きっと。

「ポキオGTI」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。