ポキオGTI

ガックンガックン

新型シエンタの試乗と見積もりをしてきた

スポンサードリンク

いいクルマ。

ポキオ up! GTI トヨタ 新型 シエンタ

新型シエンタ、いいですねぇ

予め言っておきますが、up! GTIを手放すつもりはさらさらないです。家族のクルマ購入検討でディーラーに行くことになり、ちょっと乗ってきたわけです。

toyota.jp

正直、いわゆるファミリーカーには興味がなかったんですが、新型シエンタは違いました。良くも悪くもシトロエンフィアットを足して2で割ったようなデザインで、でも品質はトヨタというバケモノ。これはちょっと気にならずにはいられません。

ポキオ up! GTI トヨタ 新型 シエンタ

というわけで、実際に見た感じと、試乗のインプレをメモしておこうと思います。

まず見た目

かわいい。鉄チン+ホイールキャップでも、それはそれで良い。

ポキオ up! GTI トヨタ 新型 シエンタ

ただ、きっちりグレードによって差別化されていて、上位グレードでないとかっこいいヘッドライトにグリルのメッキはありません。(写真は中間グレード)

ポキオ up! GTI トヨタ 新型 シエンタ

テールライトも、上位グレードと異なりのっぺりとしたデザインになってます。まぁ、これはこれで良いですね。

すごいシートアレンジ

この7人乗りは凄い。

ポキオ up! GTI トヨタ 新型 シエンタ

  • 3列目シートをきれいに折りたたんで2列目シートの真下に格納できる(ピタゴラスイッチみたい)
  • 2列目のスライドを最前にしても、2列目着座時の膝前スペースが確保されるし、3列目膝前もスペースがある
  • ただし、2列目・3列目のシートはフラットでホールド感はなく、クッションは薄め(仕方なし)
  • とはいえ、2列目はリクライニングもできるので、そこまで疲れない気がする
  • 3列目にアクセスするには2列目を跳ね上げる必要がある

コクピットは収納がすごい?

で、運転席。

とにかく収納が多い。多いのは良いんだけど、造形が複雑になりがちで、ちょっとうるさい感じ。もう少しシンプルな見た目だと良いんだけどなぁ…。

ポキオ up! GTI トヨタ 新型 シエンタ

ナビはナビではなく、ディスプレイオーディオ。スマホが普及した時代なので、カーナビなんて要りませんよね。操作部材はかなりシンプルになってるので好みな感じです。

乗ってみた感じは良いんだけど

まぁ、クルマは走らせてなんぼ。ということで、自分で買うわけじゃないのに、ちゃっかり試乗してきました。

ポキオ up! GTI トヨタ 新型 シエンタ

とにかく意表を突かれた感じでした。

  • 走り出しが軽やか(Direct-Shift CVTのおかげ?)
  • ハンドルが軽すぎて怖い
  • ハンドルが軽すぎて怖い
  • ボディーの剛性感が強く、段差を軽く超えていく感じ
  • ハンドルが小さい
  • ハンドルが軽すぎて怖い
  • グレードによらず、全車足踏みパーキングブレーキ(滅びろ…)
  • ハンドルが軽すぎて怖い
  • 視界はかなり広い
  • ハンドルが軽すぎて怖い
  • ハンドルが軽すぎて怖い
  • ハンドルが軽すぎて怖い
  • ハンドルが軽すぎて怖い

という感じで、パワートレインは良いんだが、ステアリングフィールがどうも気に食わない。そして足踏み式のパーキングブレーキは生理的に受け付けない。でもパワートレインは良い。うーん、悩む。(私が買うわけじゃないけど)

気になる見積もりは?

主要装備を見る限り、必要な装備はほとんど標準装備されてそうな雰囲気でした。ひとまず(ほぼ)素の中間グレードで見積もりをとってもらったところ…

  • 値引き5万円
  • 納期は11月上旬

とのことでした。納期長期化がさけばれる昨今、3ヶ月くらいで納車できるなら上出来ですね。また、新車でもちゃんと値引きしてくれるのはありがたい限り。

ポキオ up! GTI トヨタ 新型 シエンタ

というわけで、見積書とノベルティプルバックカーをもらい、一度持ち帰り検討することに。個人的に100点満点なクルマではないものの、なかなかいいクルマだったので、ぜひ買ってほしいなぁ(笑)

「ポキオGTI」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。