ポキオGTI

ガックンガックン

up! GTIのタイヤをDAYTON DT30に交換しました

スポンサードリンク

DAYTONってどうなの?

ポキオ Volkswagen up! GTI DAYTON DT30

195/40R17はレアサイ

up! GTIの標準タイヤは195/40R17。これがまたレアなサイズなんですよねぇ。

upgti.hatenablog.com

で、初めてのタイヤ交換はPinso K-Speedというタイヤにしたわけですが…。

upgti.hatenablog.com

かなりタイヤが減ってきたので、2回目のタイヤ交換をしてきました。

DAYTON DT30

3本目のタイヤはDAYTON DT30を選びました。

www.dayton-tire.co.jp

DAYTONっていうブランドをそもそも知らなかったわけなんですが、

  • 米国/欧州で展開する「DAYTON」ブランド
  • 方向性のあるスタイリッシュパタン
  • 高い基本性能とコストパフォーマンス
  • ブリヂストン工場でブリヂストンの品質基準に基づき生産

ということで、ブリヂストン傘下のブランドらしいです。DAYTONが日本で扱ってるのはDT30という魔法が使えそうなネーミングの製品だけですが、タイヤサイズのバリエーションが鬼のように多く、up! GTIの195/40R17もちゃんと用意されているのがポイントです。

ポキオ Volkswagen up! GTI DAYTON DT30

で、ブリヂストン傘下ということなので、ブリヂストンのタイヤ館で交換を依頼してきました。

安心と信頼のタイヤ館

餅は餅屋というように、タイヤはタイヤ屋で変えてもらうのが一番安心しますねぇ。前回のタイヤ交換のときと違って、交換に際して細かい説明や、交換後のケアもしっかりやってくれるのは、ちゃんとしたタイヤ屋さんならでは。

ポキオ Volkswagen up! GTI DAYTON DT30

タイヤ代金と交換料金で、41200円。それに加えてバルブ交換や廃タイヤ処理料金を含めて4.5万円以下でした。頼んでもいないのに窒素充填してくれたり、タイヤ交換の体験は非常に良かったです。

DAYTON DT30で走ってみると?

これがDAYTON DT30。

ポキオ Volkswagen up! GTI DAYTON DT30

サイドウォールのデザインは控えめで嫌いじゃないです。

ポキオ Volkswagen up! GTI DAYTON DT30

製造は2021年第2週。2年は経ってないけど、思いの外製造から時間が経ってました。

ポキオ Volkswagen up! GTI DAYTON DT30

で、タイヤ交換後にいろいろドライブに出かけてみました。

  • 可もなく不可もなく
  • 若干グリップしない感じがある
  • 直進安定性は高め

というわけで、値段相応なタイヤのようです。ただ、ブリヂストンの安心感があるのは良いですねぇ。アフターケアも手厚そうですしね。

というわけで

Pinso K-Speedも悪くはなかったですが、今回はより安心感のあるDAYTON DT30にしてみました。が、そろそろホイールごと交換して、一般的なタイヤサイズにしたいところです…。

「ポキオGTI」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。